WordPressの引っ越しを手動で行う方法【ConoHa WINGへ引っ越し】

 

やっさんやっさん

どうも、

やっさんです

 

今回は、

WordPressの引っ越しを

手動で行う方法

【ConoHa WINGへ引っ越し】

を解説します。

 

WordPressの引っ越しをする方法は、

いくつかありますが

手動で行うのが一番難しい。

 

ConoHa WINGには、

WordPressの引っ越しが簡単に

できるWordPressかんたん移行が

あります。

 

プラグインの

All-in-One WP Migrationでも

簡単にできます。

All-in-One WP Migrationの使い方、ブログをConoHa WINGへ引っ越しする。

 

どちらの方法でもできなかった場合に

手動で行います。

 

手動で行う方法では、

ファイルやデータベースを

操作するので必ずバックアップを

取ってから行ってください。

 

この記事では、

WordPressの引っ越しを手動で

行うのに必要なスキル

データの種類、注意点、

具体的な方法がわかります。

 

最後までお付き合いください(^o^)

 

WordPressの引っ越しを手動で行うのに必要なスキル

WordPressの引っ越しを手動で行うのに

必要なスキルは、FTPソフトの操作、

データベースの操作のスキルが必要です。

 

といってもフォルダのコピーや

データベースのインポート

エクスポートだけなのでそれほど

難しくありません。

 

FTPソフトの操作はFileZilla

FTPソフトにはいろいろな

ソフトがあります。

 

私はFileZillaというフリーソフトを

使っていますのでFileZillaで

説明します。

FileZillaのダウンロードはこちら

 

FileZillaの画面

 

皆さんが使い慣れている

FTPソフトを使ってもかまいません。

 

データベース(MySQL)の操作はphpMyAdmin

データベース(MySQL)の操作は、

phpMyAdminを使用します。

 

データベースをブラウザ上で

管理するソフトウェアが

phpMyAdminです。

 

phpMyAdminの画面

 

ほとんどのサーバーで

phpMyAdminが

使われていると思います。

 

データベースはサポート外に

なることがほとんどです。

 

データベースを操作するのは

上級者と推奨されています。

 

WordPressの引っ越しを手動で行う注意点

WordPressの引っ越しを手動で

行う注意点を解説します。

 

WordPressの引っ越しを手動で行う

時にサーバー上のファイルや

データベースを操作します。

 

操作を間違えるとサイトや

ブログが表示されなくなる

可能性があります。

 

WordPressの引っ越しを手動で

行ったことのない人は

テストサイトで練習することを

おすすめします。

 

それからサイトのバックアップは、

必ず取ってから行いましょう。

 

サイトのバックアップは、

必ず取ってから行いましょう。

 

大事なことなので2回

書きました。

 

引っ越しが終わった後もサイトが

問題なく運営できているか

確認できるまで元データを

削除しないようにします。

 

WordPressの引っ越しを手動で行うデータは2種類

WordPressの引っ越しを手動で

行うデータは2種類あります。

 

ファイルとデータベースです。

 

それぞれ説明します。

 

ファイル

まずはファイルから。

 

WordPressのシステム・

テーマ・プラグイン・

画像などのファイル。

 

ブログのフォルダ

 

これらのファイルをフォルダも

含めてFTPソフトで

全部コピーします。

 

データベース(MySQL)

次にデータベース(MySQL)。

 

データベースには投稿データ・

WordPressの設定情報・

プラグインなどの設定情報が

保存されています。

 

lolipopデータベースログイン画面

 

画像はロリポップのphpMyAdminへ

ログインする画面です。

 

phpMyAdmin画面

 

phpMyAdminへログインした

画面です。

 

phpMyAdminでデータベースを

エクスポートします。

 

ConoHa WINGへWordPressの引っ越しを手動で行う手順の概要

ConoHa WINGへ

WordPressの引っ越しを手動で行う

手順の概要を解説します。

 

1.FTPソフトでブログのフォルダを

丸ごと自分のパソコンへコピー。

 

2.phpMyAdminでデータベースを

エクスポート。

 

3.ConoHa WINGに引越し元と

同じドメインを登録。

 

WordPressの引っ越しを手動で行う概要5

 

4.ドメイン管理会社の

ネームサーバーを

ConoHa WINGへ変更。

 

5.サイトのSSL化。

 

6.ConoHa WINGでデータベースを

新規作成。

 

7.自分のパソコンにコピーした

wp-config.phpファイルに

6で作ったデータベースの

情報に書き換える。

 

8.自分のパソコンにコピーしてある

ファイルをFTPソフトで

ConoHa WINGへコピー。

 

9.ConoHa WINGのデータベースへ

インポート。

 

以上がWordPressの引っ越しを

手動で行う概要です。

 

ConoHa WINGへWordPressの引っ越しを手動で行う9つの手順

ConoHa WINGへ

WordPressの引っ越しを手動で

行う9つの手順を詳しく解説します。

 

引っ越し元からファイルのコピー

引っ越し元からファイルのコピーします。

 

FTPソフトでブログのファルダを

ドラッグアンドドロップで

自分のパソコンへコピーします。

 

ブログのフォルダ名は、

サーバーにより違いますが

多くの場合はドメイン名だと

思います。

 

 

自分のパソコンにブログの

ファイルやフォルダがコピー

されます。

 

 

引っ越し元からデータベースのエクスポート

引っ越し元からデータベースの

エクスポートを解説します。

 

引っ越し元サーバーの管理画面から

phpMyAdminにログインします。

 

 

1.データベースを選択。

 

2.エクスポートをクリック。

 

3.実行。

 

データベースがダウンロードされます。

 

この段階で引っ越し元のブログの

サイトのタイトルに一文字追加

しておきます。

 

そうしておかないと引っ越し元の

ブログが表示されているのか

ConoHa WINGのブログが

表示されているのかわからなく

なってしまいます。

 

引っ越し元に目印をつけておきます。

 

ConoHa WINGにドメインを登録

ConoHa WINGにドメインを登録します。

 

ドメイン登録

 

1.サーバー管理をクリック。

 

2.ドメインをクリック。

 

3.+ドメインをクリック。

 

4.引っ越し元と同じ

ドメイン名を入力。

 

5.無料独自SSLは利用しないを選択。

 

ネームサーバーがConoHa WINGに

向いていない状態では

SSL化ができません。

 

SSL化は後からやります。

 

ドメイン管理会社のネームサーバーをConoHa WINGへ変更

ドメイン管理会社のネームサーバーを

ConoHa WINGへ変更します。

 

バーリュードメインのネームサーバー設定画面

 

画像はバリュードメインの例

 

ドメインの管理会社によって見た目は

違いますが内容は同じです。

 

ConoHa WINGのネームサーバー

ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
ns-a3.conoha.io

 

ドメインを管理している会社の

サイトからドメインの

ネームサーバーの値を変更。

 

ネームサーバーの値は

ドメインのデータが

どこのサーバーにあるかを

示しています。

 

ConoHa WINGのサイトをSSL化

ConoHa WINGのサイトを

SSL化の解説します。

 

サイトのSSL化

 

1.サイトセキュリティをクリック

 

2.利用設定をONにします。

 

SSL化が終了すると利用設定が

設定中から利用中に変わります。

 

ConoHa WINGにデータベースの新規作成

ConoHa WINGにデータベース

の新規作成します。

 

ConoHa WINGにデータベースの新規作成

 

1.サイト管理をクリック。

 

2.データベースをクリック

 

3.+データベースをクリック

 

4.データベース名を入力

 

5.ネームタグを入力

自分でどのブログのデータベースか

わかるような名前にします。

 

6.保存をクリック

データベースが新規作成されます。

 

7.+ユーザーをクリック

データベースにアクセスする

ユーザーを作成します。

 

8.ユーザー名を入力

 

9.データベースにログインする

パスワードを入力。

 

10.接続先データベースは、

4で入力したものを選択。

 

11.保存をクリック。

 

以上でデータベースの

新規作成が終わりです。

 

wp-config.phpファイルの書き換え

wp-config.phpファイルの書き換えを

解説します。

 

この前に作った新規データベースの

情報に書き換えます。

 

自分のパソコンにコピーしてある

ファイルからwp-config.phpを

探してメモ帳などのエディタで

開きます。

 

一番上の階層にあります。

 

 

開くとこんな感じ

 

1.にデータベース名を上書き。

 

2.ユーザー名を上書き。

 

3.パスワードを上書き。

 

4.ホスト名を上書き。

 

データベースの管理画面の

下記の値を上書き

 

データベース

 

ユーザー

 

ConoHa WINGにファイルのコピー

ConoHa WINGにファイルのFTPソフトで

ファイルをコピーします。

 

ConoHa WINGにファイルのコピー

 

ConoHa WINGの場合は

ドメイン名と同じフォルダが

つくられます。

 

そこへファイルとフォルダを

全選択してコピーします。

 

ConoHa WINGにデータベースのインポート

ConoHa WINGにデータベースの

インポートをします。

 

ConoHa WINGの管理画面から

phpMyAdminへログインします。

 

 

 

 

ConoHa WINGにデータベースのインポート

 

1.データベースをクリック

 

2.インポートをクリック

 

3.エクスポートしたデータベース

を選択。

 

4.実行をクリック。

 

以上でWordPressの引っ越しをが

完了です。

 

まとめ

今回は、

WordPressの引っ越しを

手動で行う方法

【ConoHa WINGへ引っ越し】

というテーマで書きました。

 

WordPressの引っ越しを

手動で行うのは

なかなかないことだと

思います。

 

WordPressの引っ越しを

手動で行うのは規模が多きブログや

特殊な仕組みがあるような

ブログでしょう。

 

WordPressの引っ越しは、

プラグインやサーバーの移行機能を

使った方が圧倒的に簡単です。

 

しかしWordPressの仕組みを

覚えるのには適した課題です。

 

私も引っ越しが目的でなく

WordPressの仕組みを理解するために

手動で引っ越しを覚えました。

 

たくさん失敗して覚えました。

 

WordPressの仕組みは必要なスキル

なのでぜひチャレンジしてみてください。

 

多くの人がブログで方法を

くわしく書いてくれたおかげで

私もできるようになりました。

 

私の記事も誰かの役に立って

くれればうれしいです\( ‘ω’)/

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます(^o^)

 

 

やっさんも利用している商品はこちら